読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

優しい町

○○に優しい町を作ると○○がワガママになって、○○がワガママになっている気がする。

NHK BSプレミアム クラシック倶楽部 南紫音バイオリンリサイタル 愛媛県新居浜市にて公開収録

今はブラームスのバイオリンソナタ第三番が演奏中です。起きるのが遅くて、最初を見逃しました。しかし彼女、名前の通り、紫のドレスで登場とは、分かりやすいなあ。本名だろうか。というより、クラシックの人は、基本的に本名だなあ。

ホーノ木

昨日ホーノ木に花が咲いた。花は巨大であるが,落葉樹で1番かは知らない。葉の大きさはおそらく1番でしょう。木が高いうえに花が上向きに咲くので。地上からはよく見えない。家の2階からよく見える位置にあります。

むしろ

■スタバにデスクトップPC持ち込んで、長時間仕事…どんな問題がある?

(弁護士ドットコム - 04月30日 10:04)

ドクロリ〜髑髏少女展?に参加しますので、何とぞ宜しくお願い申し上げます!

またもや、

近藤宗臣さまプロデュースです!

皆さんクレイジーで

いきましょう(笑)

===============

「ドクロリ〜髑髏少女展?」

===============

2017年5月2日(火)〜16日(火)11:00〜17:00

 (月曜定休/月曜日が祝日の場合は翌日が休館)

===============

<参加作家さまたち>

===============

近藤宗臣

裕樹

莫 昴春

琴乎あおい

ひので寿

ヒミコ

帽子屋

うぃんぐ☆

ぐるぐるめー

藤崎五十

観月らず

みくろ 陶

めおどら

八入

けんぢる♪-KENNDIRU-

===============

★髑髏と少女をテーマにした+bアート企画好評の展覧会第3弾!

※観覧は1オーダー制です。 展覧会を御覧になられる方は必ずお店で何かご注文下さい。

===============

<会場>

喫茶室ピッコロ <+bギャラリー> Aスペース

〒661-0012 兵庫県尼崎市塚口町3-17-8

兵庫県立尼崎青少年創造劇場 ピッコロシアター内 2F

営業時間:11:00〜17:00(月曜定休/月曜日が祝日の場合は翌日が休館)

アクセス→http://hyogo-arts.or.jp/piccolo/access/

◆阪急塚口駅南出口より南東へ徒歩8分

◆JR塚口駅西出口より西へ徒歩5分

<地図>

↓↓↓↓↓

●プラスベーアート企画 展覧会紹介ブログ

http://blog.goo.ne.jp/sawsinplusb

合同会社 プラス・ベー

http://officeyanb.web.fc2.com/

もっと、詳しくは、近藤宗臣さまのブログから

↓↓↓↓↓

http://blog.goo.ne.jp/sawsinplusb/e/17da5834e930979b29673092abbe4fb1

================

★「ドクロリ〜髑髏少女展?」

5月2日〜16日

(喫茶室ピッコロ・+bギャラリー Aスペース/

兵庫・塚口

================

<自分の参加作品>

================

・暗黒童話展ほどではないかも?ですが、

今回もクレイジーな作品を選んで、

4作品で参加です!

・ちなみに、

今回の自分の参加作品の中にて、

近藤宗臣さんのおすすめは、

【3】ハロウィンLOVE(CG)だそうです☆

・今回は、ハロウィンゴスロリティストを、

思いっきり出してもOKが出ましたので、

この展覧会を選びました!

・しかし、どの作品も、

髑髏はちゃんと入れてますです!

================

↓↓↓↓↓

【1】ポエム&アート「晩餐会」

====================

「晩餐会」

====================

道に迷い、

黒いスーツの男に導かれ、

屋敷の中へと訪れた私は・・・

男に案内されるがままに、

その屋敷の階段を登ってゆく・・・

そこはナイトメア

美しきナイトメア・・・

『晩餐会のお招きしているだけですよ。

お嬢さん。

怖がる必要は御座いません。』

と、黒いスーツの男は言う・・・

もしかしたら、

これが私の『最後の晩餐』になるかもしれない・・・

しかし、

私は、迷う事なく

晩餐会の会場へと

ただただ、男についてゆく・・・

===============

【2】ポエム&アート「交信」

====================

「交信」

====================

闇の中から 光がさす頃・・・

あなたは 私と出会える事が出来る・・・

あなたは、まだ見ぬ

私の本当の姿に

気づいてないから・・・

あなたの花に 水をささげましょう・・・

そうすれば、                         

あなたの魂は、

私の魂と「交信」し・・・

本当の私の姿に、

出会える事が

出来るでしょう・・・

===============

【3】ハロウィンLOVE(CG)

【4】2016年ハロウィンイラスト

====================

(※作品画像は、

全てモザイク処理かけております※)

====================

<絵画代金→

全てA4サイズ1枚1000円>

(※暗黒童話展同様、

自分の絵画売上代金は、

全て近藤さまのギャラリーに寄与します※)

 

====================

====================

====================

==================== 

====================

====================

Pray for JAPAN!  Hope JAPAN!

みんなが笑顔になりますように・・・

 

馬渡のボールボーイへの暴力について。彼の強すぎる気持ちとサッカーの特殊性が生んだ結果でしょうね…

レッズサポです。

まず、僕はレッズサポとして被害者でも何でもありません。だから、彼を責めることに僕の中では何の意味も持たない、と言っておきます。そんなことしてもただの自己満足に過ぎませんので。

率直に言うと、サッカーの特殊な環境が生んだ結果と言えます。野球等の他の競技ではグラウンドから出た瞬間に時間が止まったり、時間制限がなかったりするので、こういう問題は起きません。

しかし、サッカーだけは例外でタッチラインに出ても時間は経過し、たかが数秒のロスはアディショナルタイムとして取ってくれません。しかも、その数秒の遅れでDFラインが整ったり、他の陣形も変化します。だから、選手としては1秒でも早くボールを供給したいし、何よりも生活がかかっています。

ですから、遅延行為(本当かどうかは別)と見なされたら、選手が手を出すのは有り得る話なんです。

ボールボーイに手を出すのは論外です。ただ、ボールボーイにも責任のある部分はあります。生半可な気持ちでボールボーイをやってもいけませんし、馬渡も試合に気持ちが入りすぎてしまったのでしょう。

これがお互いが成長のきっかけになれば幸いです。

■J2徳島・馬渡、中学生ボールボーイこづく 一発退場に

(朝日新聞デジタル - 04月29日 19:53)

4月30日の日記

さて何を書きましょうか?まあ、思いつかないからテキトーに。残念ながらまだ出禁にはなってないということで(苦笑)。んなことで出禁になるかアホ!って話ですよ(笑)。

動画を見ることも大切なのかもしれないけど、自分はプロレス会場に足を運ぶことで発見出来たし、観戦記を読むことでこんな見方もあるんだってわかったからね。

だから、自分の尊敬する方たちがどんどん観戦記を書かなくなってしまったのは残念な限りで…色々事情があるってのは分かるんだけどね。

意見が違うんだったら「コイツとは合わない」と思って二度と観なきゃいいだけで、なんで嫌な思いをするために時間を使うか意味が分からない(笑)。

気になるってことは図星なんでしょ?ってことだし。少なくとも自分は見ないな。まあ、ネタを仕込むために観るってのもあるけど(苦笑)。

そもそも自分は2ちゃんみたいなのに書き込みをしたことがないし、特定しようと思えば自分が何者であるか分かるはずなんだけどね。

少なくとも北都プロレスに迷惑を掛けたみたいだから、ノーザンアッパー君を通じてクレインさんに謝ったつもりだし、最悪出禁でもいいですって話もしてもらったつもりだけど、問題なかったみたい。

クレインさん曰く「お客さんは好きに書けばいいんですよ!」って話らしいし(笑)。当然のことではあるんだけど、プロレス業界って普通が普通じゃない世界だったりもするからちょっとホッとしたというか…

そもそもクレインさんはこのこと自体知らなかったという(苦笑)。相談するとか言っといて相変わらず上っ面だけだったのが発覚してしまうし(笑)。

で、自分は「観戦のプロ」の仲間入りを果たしましたとさ。めでたしめでたし…というのが今までの話。

友達限定で色々書いていて、こういう形では書いてなかったからおさらいも込めて再度書いたんだけど…

そういえば、「観戦のプロ」って言っても何が何だか分からないよなあ…って思ったので、観戦のプロは某団体のファンで、そのブログで自称「観戦のプロ」を名乗っているらしいからそれを皮肉っただけで(笑)。

たった2年観たくらいで「観戦のプロ」を名乗るなんて凄いね!って話(笑)。

あんまり書くとあれだけど、事故で電車か地下鉄か分からないけどダイヤが乱れて駅員さんが謝罪しているのに延々とクレームを入れたり、面接に行って面接官の態度が気に食わないって言ってチェンジさせたりして(笑)。

あまりにもクレーマーっぷりが酷い人で、肝心のプロレス観は…まあ、そこは言わないけど(笑)。松本都の良さは分からないのねって感じで。

好き嫌いはしょうがないけど、なぜ彼女があの立ち位置で試合をしているかを考えるのがプロレスの面白いところだと思うんだけどね。

あとは「北のカリスマ」はレスラー志望だったはずなのに、努力をしないから脂肪がお腹についたままという(苦笑)。彼の隣で観戦すると独り言と貧乏ゆすりが酷くて試合に集中できないという(笑)。同じジムにいた神崎や岩崎はプロになったのにね…って話。

「関本はラリアットに弱い!」って書いてた時は爆笑したな。当時のストロングBJの中心にいた義人や岡林はラリアットを使うだけなのに(笑)。

「22世紀のプロレス」はプロレスのセオリーを無視して、自分には理解できないから新世紀のプロレスとはきっとこういうものなんでしょう。って話。暗にセンスないなあって皮肉っているともいえるね。

「あらいさん」はラジプロのあらいさんだけど、あくまでも自分の毒に合わせてくれるだけなんだけどね(苦笑)。最近は自分の毒に被せてくれるんだけど(笑)。観戦記で出る際はあらいBさんということで。

「チャブさん」は観戦仲間で、自分なんかよりも観る目のある方。素直に観て素直に楽しんで素直に毒を吐くタイプ。まあ、観戦記で出る際には友達のいない私が妄想で作った登場人物ってことで。

「オオギリさん」は大喜利が大好きな人ってことにしておこう(笑)。あの方は札幌のプロレスにタッチする人って調子にのってる人が多いけど、数少ないまともな方って感じかな。

終始ニコニコして見ているけど、ダメなことはさらっと言うし…少なくともオオギリさんは自分のお店の商品で梅沢さんに襲い掛かるなんてことはしない(笑)。

今、札幌で熱いのはススキノFIGHTだからね(笑)。

…と強引にオチを付けたところで今日の日記はこれでおしまい。

それでは。