国の借金

こいつは盲点だった!

一千兆円という、とてもじゃないけど返せそうにもない借金を背負っているとされる日本だが、実はそれほどでもないそうだ。いや、金額としてはその通りなんだけど、色々な方法で減らせる。

一番先に考えつくのは超インフレだ。物価が一万倍になったら相対的に借金は1万分の1になるわけだから、通過切り下げで簡単に実行できる。もちろんそんなことをしたら日本は沈没するけど。

だがネット記事によれば、アメリカの偉い経済学者だか何だかの人が財政諮問会議か何かで指摘したそうなのだ。財務相が言う一千兆円という言葉に踊らされてはいないかと。それは計算上のことらしい。

まず、日本国の借金は国債という形で行われている。だが、不思議なことにこの国債日本銀行が買っているそうだ。日本銀行が持っている累積国債は400兆円にもなると。うろ覚えなので違うかもしれないけどそのつもりで。

日本銀行日本国政府の配下組織というか、会社で言えば子会社になる。だから、例えば親会社(日本国政府)が「それ、もういいから」と言ってしまえば400兆円の借金はたちどころに消える。

変な話だけど、日本株式会社が発行した有価証券を日本銀行株式会社が400兆円分買ったと思えばいい。で、あるとき日本株式会社は増資をするわけだ。その時に発行した有価証券を株式と交換する。

そうすると、日本株式会社は自社の株券と引き替えに400兆円分の有価証券を手に入れるので、それを一般会計だか何だかで相殺してしまえばいい。増資した株券は日本銀行株式会社に渡ったけど、それって子会社だからね(笑)。

というわけで、あっという間に借金が3/5になってしまうのだ。それだけではない。同じ理屈で国有財産とか海外資産とかを相殺していくと、何と国の借金はゼロになってしまうというではないか。

まあ、もちろんこんなに簡単にいくはずもないんだけどね。ただ日本の国債のほとんどは日本人や日本の企業が持っているわけで、やろうと思えばどうにでもなる借金でしかないのは本当だろう。何せ国だ。お金なんかいくらでも刷れる。

不渡りにはならないよ。

広告を非表示にする