読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感情の矛先

人を攻撃するのは簡単だ。

自分を守る手っ取り早い防御だから。

でも、直接手を下す必要が

果たしてあるのだろうか。

あたしは嫌な事があると

とりあえず

紙に書き殴る。

それでも整理出来ない場合は

この場所を借りて

吐き出す。

人を悪く言う事に

エネルギーを必要としないどころか

発散させてしまうだけの所が恐ろしい。

一呼吸置いて

自分には一切非が無かったか

少し向き合ってみて

「やっぱり自分は何も悪くない」

と、思うなら吐き出せばいい。

只、間違えたくないのは

其れが個人を攻撃していいという

口実にはならないという事。