読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

円相場大きく値下がり マクロン氏勝利で安心感

9日の東京外国為替市場は、フランス大統領選挙でEU=ヨーロッパ連合との関係を重視するマクロン候補が勝利したという安心感から、比較的安全な通貨とされる円を売ってドルを買う動きが続き、円相場は、大きく値下がりしました。

午後5時時点の円相場は、8日と比べて1円8銭円安ドル高の1ドル=113円63銭〜64銭でした。

また、ユーロに対しては、8日と比べて81銭、円安ユーロ高の1ユーロ=124円12銭〜16銭でした。

ユーロは、ドルに対しては、1ユーロ=1.0923〜24ドルでした。

市場関係者は「アメリカのFRB連邦準備制度理事会が来月の会合で追加の利上げを行うのではないかという見方からアメリカの長期金利が上昇し、日米の金利差の拡大が意識され、円を売って高い金利が見込まれるドルを買う動きが強まった。投資家の間では、アメリカ経済を見極めるうえで、12日発表される消費者物価や個人消費に関する指標の結果が注目されている」と話しています。

・・・

今現在ものすごい勢いで円安になってるんですがw

本来なら 買うところなんでしょうけど 利上げ云々で

アメリカ株が下がってるので買うのは悩みどころかな

ただある程度下がれば色んな指標の結果も緩和される

だろうから リスクは少なくなるんじゃないかしらね。