山陰地方ローカル線巡り、芸備線、2日目、列車通学する高校生達、その2

前からの続きです。

私は、高校生達が地下通路を抜けて改札口に向かった後、駅舎寄りに移動し、久しぶりに塩町駅の駅舎の写真(1枚目の写真)をパチリ。

ちなみに、この駅構内には、1枚目の写真の様に、以前は使われていただろうな踏切跡が残っており、わざわざ地下通路にした意味がイマイチ良く分からないわたくし。

通学時間帯以外だと、高齢者の方が多いはずなので、階段がなくスロープ状の移動する方が、よっぽどバリアフリーである。

そんな事を考えていると、塩町駅で分岐する福塩線府中駅行きの列車(2枚目の写真)が到着し、こちらの列車からも、学生達が沢山下車して来ました。

多分この8時位がこの塩町駅ラッシュアワーである事は間違いない。(笑)

地下通路を抜けて改札口に向かうと、先ほどご紹介致しました、閉鎖された通路(3枚目の写真)が見えますけれど、本当にこちらの方がよっぽど楽である。(笑)

続く。