最近思うこと

必ずしも、考えたことが自分の気持ちと一致しているとは限らない。

相手の話を聴いてその時思ったことをしゃべる。

その思ったことに僕の気持ちは含まれていないことが多い。

言葉は難しい。会話においてよく発言した内容が、僕自身の気持ちであると

捉えられるのだ。

僕としてはこういう考え方もあるかなと思いついたことを述べてみただけなのだが。

聴く側はそう思ってはくれない。

すると僕も会話の参加者なのだろう。

面と向かって話すにしても、大勢の中で意見を言うにしても、

言葉を交わす以上他人事のようには話すべきではないだろう。

もちろん僕は適当に話しているわけではないし、相手の話からどう考えるか

頭を悩ます。

では、僕は可能性を提示しているに過ぎないのか。

自分をあまり感情豊かな人間とは思わないが、どこか冷めているのか。

結局自分がどういう気持ちなのかわからないのだと思う。

相手の言葉への反応が薄い。

思いやりのある言葉をかけることもしない。多分しようと努めても

うまくいかないだろうし、長続きしない。

それは実のところどうも思っていないからなのか。

だから淡々とああだこうだと、思いつきで発言する。

責任感に欠けているか。

共感できる人間ってこの世界に何パーセントいるのだろう。

相手の話を親身になって聴く人って相手と同じ気持ちになるのかな?

つらい、悲しい、憎い、もやもやした感情、

もし自分の気持ちを受け止めてくれる誰かがいたら人間は

幸せになれるのかな。そんな相手を見つけられたら、生きやすいのかな。

相手に話すだけで気持ちが晴れることがある。

たとえ悩みの解決にはならなくても励みにはなるのか。

気持ちを伝えることはある意味で、今問題となっている事柄に関して立場を明確に

する行為なんだと思う。ただそんな大げさなことでもないかな。

だが場合によっては人間関係に支障が出る。

それを恐れているのか?

だが感情がわいてこない。

自分がどういう気持ちで行動しているかわからない。

何の法則に身を置きたいのか知らない。

よくニュースで政治家の問題発言が取り上げられるけど、

彼らはどういう感情から、その言葉を選んでしまうのか。

本当のところは例の発言の通りに考えているのではないだろうか。

発言を撤回し、謝る姿を目にするけど怒っている人たちの気持ちを

わかることができたのだろうか。

逆にその場しのぎで頭を下げるのか。でもそれも態度の一つと数えられる。

お互いの納得は表面上のやり取りで収まるものなのか。

だとしたら、とても疲れる。

広告を非表示にする