無264

 月面浮游するコトバ

 浮かれ気分と笑い上戸を

 繰り返したら

 飛んでいったね

 すり替えた季節は夏

 

 キミの肩と背中が

 ボクに何か伝えてる

 グラスのスパークリングワイン

 小さな眸の涙に見えた

 それでも静かに笑うキミ

 つまるボクの口を塞ぐ

 

 コレデ イイノ・・・

 何も言えず

 ただ、抱きしめた

 キミはプールサイドのマーメイド

 焼けた肌色が

 ボクを放さない

 二人、Tシャツのまま

 消えたライトの中

 水に溶けてキスをした

 透けるボディラインより

 楽園に堕ちて

 

 プールに映る

 月明かりだけで何もいらない

 二人で何度も

 水になったね

 コレデ イイノ・・・

 コノママ デ イイノ・・・

 

広告を非表示にする