梨央ちゃん熱演!

先日の「うたコン」(NHK)。

美空ひばり特集で、美空ひばりのデビュー秘話のドラマからスタートした。

美空ひばりが無名の頃、あるオーディションで「子供のくせに大人の歌を歌うなど、こまっしゃくれてて可愛げがない」と言われて落とされたと聞いた事がある。

そんなエピソードを10分ほどの短いドラマに仕立てた。

ひばり役は実力派子役?の、鈴木梨央ちゃん。

朝ドラで使われたと思われる昭和風のレトロな家のセットや、レコード会社や撮影所など、わずか10分ほどのドラマながら、手のこんだ作り。

両親役の杉本哲太と吉田羊の役作りもていねいで、良かった。

梨央ちゃん扮するひばりが歌いそうになるたび、場面が切り替わる。

「梨央ちゃんには、歌わせてあげないのかな?」と思っていると、以前オーディションで落とされた事に感謝しつつ感慨にふける母のシーンでドラマは終わり、場面の切り替わった「うたコン」のステージに、ドラマの中で映画撮影に向かった美空ひばりと同様のシルクハットに燕尾服の梨央ちゃんが登場して歌い出す。

後半のレトロな衣装のAKB48や、前田憲男のピアノとジャズアレンジでちあきなおみをカバーする由紀さおりなど、今回のうたコンは見応え十分でした。

「うたコン」は、19:30からの生放送のため、歌い終わった12歳の梨央ちゃんは、しばらくステージ脇のトーク用のひな壇にいたものの、19:55ぐらいには、静かに画面に映らなくなっていました。

広告を非表示にする