感想4本

さて、先月分の感想を書き始めますかな。

まずはアニメ4本。

『劇場版FAIRY TAIL DRAGON CRY

人間によって倒されたドラゴンの怒りが宿っている魔法のつえ、

“竜の涙(ドラゴンクライ)”を巡るフェアリーテイルたちの戦いの物語。

漫画の方も最終章に入ったそうで、

このアニメがその最終章への導入となっているようです。

以前に「漫画、買おうかなあ?」と思っていたけど、

もう結構な巻数になってるのよね…

BLAME!ブラム』

文明の発達しすぎた未来。

人類は防衛システム“セーフガード”に駆除・抹殺される存在になっていた。

弐瓶勉原作SFコミックの映像化。

シドニアの騎士亜人のアニメーションスタジオが製作しているので、

独特な画像だけど、戦闘シーンとかの迫力はすごい!!

霧亥(きりい)がかっこいい

そこそこある原作の途中部分のみの映像化なので、

前後の話も知りたくなりました

夜明け告げるルーのうた

音楽の好きな少年と音楽の好きな人魚との出会いによって巻き起こる騒動を、

コミカルに時に切なく描いた作品。

監督が「夜は短し歩けよ乙女」の湯浅政明さんなので、

かなり独特な映像です

ジブリよりも癖があるな

ルーが可愛いし、ルーのパパが娘を助けに来るところとか泣ける

おじいちゃんの作る日傘の意味を知った時は号泣しちゃったよ

バイオハザード:ヴェンデッタ

元特殊部隊のレベッカ・チェンバースは、

生き返った死者が凶暴化する新型ウイルスの治療薬を開発したが、

バイオテロを目論むアリアスに捕らえられてしまう…

バイオハザードのCGアニメシリーズ第3弾。

前作にも出ていたレオンは相変わらず、

戦っても戦ってもサラッサラの髪の毛のイケメンです(笑)

ゲームをしている人は実写の方よりも、

こっちの方が好きな人多いようですね。

ゲームをしてない私でも楽しめるから嬉しいです

広告を非表示にする