しあわせのための自分探し。わたしのアピールポイントの見つけ方

東北の女性は、真面目でシャイな人が多いのですが、その分自己アピールが苦手という女性が多いように思います。自分の魅力をうまく伝えられないと悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

そうは言っても婚活中の人は、ある程度自己アピールを考えなければなりませんよね。やはり、自分の魅力をきちんと伝えられた方が、男性から彼女とまた会いたいなと思われやすいでしょう。

しかし自分の長所がよくわからないどうアピールすればよいのか悩んでしまうという人もいるかもしれませんね。

そこで今回は、しあわせ研究家の筆者が、婚活にも有効な、自分のアピールポイントの見つけ方をアドバイスします。

苦にならずに出来ることを探す

アピールポイントの代表格は、何と言っても特技ですよね。でも、謙遜しがちな女性は特技と言えるほどじゃないしと、つい思ってしまうようです。

それならば、特技とまでいかなくても、苦にならずに出来ることを、探してみては如何でしょうか。

例えば、美味しいものを食べたいから、料理は苦にならないのであれば、それは充分特技と言ってもいいのです。きれい好きだから、掃除は苦にならない、通帳を見るのが楽しみだから、貯金するのは苦にならないと言ったことも同じになります。

世の中には、頑張っても出来ない人だっているのです。ですから、自分が楽しく出来ることは、すべて特技にしてしまった方がいいでしょう。

欠点と思っていることを長所に変える

性格の長所も重要なアピールポイントですが、欠点は思いつくけど、長所には自信が持てないという人もいます。そんな人は、欠点だと思っていることが他人からは長所になることもある、ということを知らないだけかもしれません。

例えば、内気な女性が、男性からは控えめでいいなと思われることもありますし、口下手な人が、大人しくて静かな女性と好印象を持たれる場合もあります。

神経質であれば、よく気が付く人と思われることもありますし、おっちょこちょいなら、放っておけない女性と思われるでしょう。おおざっぱなら、大らかな女性、勝気な女性は、頑張り屋さん、頑固な女性は、意思が強い人とも言えるのです。

このように長所と短所は、実は表裏一体です。今まで欠点と思ってきたことも、ポジティブにさえ捉えることが出来れば、自分のアピールポイントになりますよ。

続きはこちらでご紹介しておりますので、よかったらチェックしてみてください

>>続きはこちらからそどうぞ