TASHIKANIわずらい

2008年11月5日の朝。有色アメリカ人たちは、前夜に初の黒人大統領が誕生したことを心から喜び、Verygoodmorningと挨拶したそうです。

7月15日、休日の僕は、夜勤明けの弟子と四谷かその周辺のどこかで落ち合って、遅めの朝食を摂るかもしれません。その時、日本人だからそもそもグッドモーニングと言う習慣が無いのでベリーなんちゃらとは言わないでしょうが、おはよう、いい朝だねくらいは言うかもしれません。

この日はTASHIKANIの青色担当、弟子がこよなく愛する池本愛唯ちゅんのお誕生日であり、お誕生日当日の夜に生誕祭が開催される日であり、さらに昼から3時間ものオフ会が開かれるというファン垂涎の1日なのです。

この1種間、僕はこの日をとても楽しみにしていました。昔からそうなのですが、楽しみな日が迫ると眠りが浅くなる気があります。だから、あまり深く眠れていません。もっと言えば先週も、自分のTASHIKANI隊長名が気になってあまり深く眠れませんでした。半月に渡って平均睡眠時間4時間弱です。

僕は昨日、くしゃみと鼻水が止まらず、咳には黄色い痰がからみ、体の節に1日中痛みを感じて休日を過ごしました。思えば、遠足も修学旅行も僕はたいていせき込み鼻を垂らして参加していました。前日くらいまではベストコンディションなんですけどね、当日まで体が持たない。肉体が精神についていかない。

内科で薬をもらったので、当日は元気に参加できると思います。そのために、今日は津崎真希ちゃんのライブに行かずに家で安静にしているくらいです。

まずは、ブログを書けるまでに回復しました。昨日は体が痛くてだるくて、とてもそんなこと出来なかったので。順調に治っています。

でも昨日は正直、TASHIKANIを呪いました。全部全部TASHIKANIのせいかも。久しぶりの風邪はまるで地獄だね。

そしてつったんのライブ行かなかったのは失敗だったな。これだけ治ってきてるなら今日は行けたはずだ。