家康 一 自立篇

「家康 一 自立篇」安倍龍太郎 幻冬舎

地方新聞連合の連載小説だそうです。

とりあえず、桶狭間の戦いで松平=徳川家が今川から独立してから

三方ヶ原の戦い、武田軍と真っ向から闘って、大負けに負けたところまでです。

割とゆるゆると筆を運んでいます。

関ケ原大坂冬の陣夏の陣までには、この先何巻を要することでしょうか。

エンタテインメントだから、安倍龍太郎挿話を放り込んでいるのでしょうが、面白い。

これまでは、織田羽柴出世物語を読むことが多く

徳川家康の出世物語を読むことがなかった。

山岡荘八版は読んでいません。

完結までに、これから何年かかるでしょうか。

----------------------

「しぇるぱ散らし踏み」

http://sherpaland.net/

----------------------